交通事故に強い弁護士~悩みの多い慰謝料相談~

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

慰謝料問題や交通事故トラブルは頼れる弁護士に相談しよう。

交通事故の相談について

慰謝料、賠償金など交通事故相談

交通事故弁護士について

交通事故の慰謝料は弁護士のサポートで増額可能

交通事故の被害者には、損害賠償を請求する権利が認められています。これは、その事故で被った損害をお金で請求するものです。損害賠償請求できる項目は治療費や休業補償など多岐にわたり、精神面のダメージに対して支払われる慰謝料もその一種です。

賠償金の額は当事者同士の話し合いつまり示談交渉で決めますが、加害者の方からは契約している自動車保険会社の担当が交渉にあたります。被害者が知識に乏しいと、保険会社のペースで示談が進んでしまい安い基準で計算された賠償金額を提示されてしまうので要注意です。

交通事故の被害者になってしまったら、早めに交通事故の事例を多く手掛ける法律事務所に相談するのが一番です。弁護士弁護士なら正当な金額の賠償金を算出して交渉にあたってくれるので賠償金が大幅に上がり、弁護士報酬も十分支払えます。

交通事故慰謝料は加害者の保険によって変動する

交通事故で負う被害は、車やバイクの車種の違いやスピードの違い、その人の体格など、状況によって差があります。また被害で生じる損害費用もバラバラです。この損害費用は、交通事故慰謝料として被害者が加害者側に請求できる権利がありますが、相手が加入している保険によって金額が異なります。

保険会社は自賠責、または任意保険になりますが、自賠責は最低限、任意保険は営利目的であることから最小限の補償額にとどめたいため、請求の対象外のものは含めない場合もあります。そのため、金額に納得がいかない場合には、弁護士基準を採用し、弁護士などのサポートを受けるのが最適です。

交通事故の慰謝料関連

交通事故慰謝料の相場はどれぐらいなのか

交通事故に遭い慰謝料を請求するとき、一般的な相場というものはあるのでしょうか。交通事故慰謝料は、被害があった本人の症状やケガの度合いによって、金額にも違いが出てきます。

怪我によって仕事ができなくなり収入がなくなった場合、休業に関係した損害費や補填費も支払われます。通院した日数の2倍か、治療にかかった日数のどちらか少ない方の日数をもとに金額を算出し、その額に休業損害金や後遺症の損害金などが追加されます。事故による精神的苦痛が大きい場合は、さらに多くの交通事故慰謝料が支払われることになります。また、弁護士基準を適用した場合、最初に提示された額よりも高い交通事故慰謝料を受け取れることも多いです。

交通事故被害に遭ったら速やかに交通事故慰謝料請求をしよう

万が一交通事故の被害に遭ってしまい、精神的苦痛を受けたならば、被害者に対して交通事故慰謝料を請求することができます。怪我の治療費や車等の物品の被害を請求できるのは知られていますが、精神的苦痛に伴う慰謝料を請求できるのはあまり知られていません。

請求する際は、交通事故を専門に取り扱っている弁護士に依頼するのがよいでしょう。交通事故弁護士が手続きを行ってくれるので、時間的にも精神的にも余裕ができるでしょう。また、弁護士基準での慰謝料請求となり、想定より多くの金額が受け取れるかもしれません。交通事故に遭ってしまったら早めに相談をしてみてはいかがでしょうか。

多くの金額を受け取りたい交通事故慰謝料

出来る限り巻き込まれたくありませんが、トキニ交通事故に巻き込まれてしまうようなこともあります。そのような際に、被害の代償として交通事故慰謝料があります。金額については、おおよその基準が制定されていますが、被害者にとってはより多くの金額を受け取りたいと思うことでしょう。

それであれば、交通事故慰謝料交渉の際には、しっかりと対応することが必要になってくるでしょう。自分たちだけでは交渉が満足にできないような場合には、交通事故を得意にしている交通事故弁護士に依頼するのが1番でしょう。様々な事例をもとにして、しっかりと加害者側に対応をおこなってくださいます。

交通事故慰謝料の相場

交通事故慰謝料の計算方法としては、自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3種類があります。被害者の入院期間や通院期間が基準で、その慰謝料額の相場は変わってきます。

自賠責保険については、入院と通院に対する被害者への慰謝料額は日額4200円程度となっていますので、後は被害者が完治するまでにかかる日数を日額に掛けると算出できます。

弁護士基準は後遺障害の等級によって、慰謝料額が決まってきます。任意保険基準は弁護士基準の約7割となっています。このように、交通事故慰謝料額の計算方法はそれぞれで異なっています。

千葉県弁護士会

HP

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

メニュー

TOP 交通事故弁護士 交通事故の慰謝料 交通事故相談

ページトップへ戻る