交通事故に強い弁護士~悩みの多い慰謝料相談~

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

慰謝料問題や交通事故トラブルは頼れる弁護士に相談しよう。

交通事故の相談について

慰謝料、賠償金など交通事故相談

交通事故弁護士について

弁護士特約がなくても交通事故の相談

弁護士特約のない保険に加入していない人であっても、時には交通事故の相談が必要になる事もあるでしょう。交通事故の相談のために弁護士費用がかかったとしても、相談費用を上回るだけ慰謝料が増額されるケースというのもあります。

あきらかに不条理だと思われる交通事故については、弁護士の無料相談などで今後の方向性などについて助言してもらうといいかもしれませんね。

弁護士への交通事故の相談は自分とは関係ないというのではなく、必要に応じて柔軟に対応する様にしたいですね。交通事故は弁護士の力量によって、違った展開になる事もあります。過度な期待をするのではなく着実に対応していく様にしたいですね。

交通事故相談を行わないと損する事例

交通事故慰謝料の請求は、故障した車などの損害、示談金のすべてを含めた金額を思い浮かべるかと思いますが、賠償金の一部となります。請求できる賠償金額は、治療費や交通費を含めた金額となります。請求する相場基準に、自賠責基準、任意保険、弁護士裁判基準と3種類あります。

請求できる相場金額は、自賠責基準と弁護士基準と比べると、2倍もしくわ2倍以上の差額が生じる事もあります。過去にあった事例に、むちうちを負った交通事故で、治療期間2か月間を要した件では自賠責基準で約17万、弁護士裁判基準では、36万から52万位が相場です。弁護士に交通事故相談を行い、弁護士基準で請求するのがおすすめです。

交通事故で困った際には交通事故相談

日常生活において起こり得ない交通事故が起こってしまいますと、多くの人が困ってしまうことでしょう。そのような際に、交通事故相談ができるのを知っていますか。弁護士などの法律家でも良いですし、インターネットなどでリサーチをおこなうとさまざまな専門機関を見つけることができます。

交通事故に関しての知識がゼロの状態よりも、専門家に相談することでより良い情報を得ることができます。加害者側に交渉もおこなってもらいたいのであれば、交通事故弁護士に相談することで、慰謝料の引き上げ事例も数多くありますので、期待することができるでしょう。

交通事故相談を利用して相応の慰謝料をもらうために

事故に遭うと保険会社から賠償金をもらう場合が多いかと思いますが、事例によっては、その金額が思ったよりも少なく、不満に思う方も多いようです。交通事故の慰謝料は、個別の事例によって金額も変動するのが普通です。

ケガの大きさや通院の回数など、条件もさまざまです。重症で入院期間が長くなってしまった、何度も通院したという場合には当然請求額も高くなりますし、後遺障害が残ってしまったら認定の等級数でそれに必要な額まで増えることもあります。保険会社の提示額に納得がいかない場合は、交通事故相談に適した専門家や弁護士を選別して依頼をすることが、相応の慰謝料をもらうためには必要なことです。

交通事故相談における基本的な考え方

交通事故で発生する損害賠償や慰謝料の基本は自賠責保険ですが、理論的にはともかく自賠責保険の水準が若干低額なので、これを補完する制度として任意保険があります。

これは保険会社の示談代行により、さまざまな損害賠償についてのスタンダードな基準となっていますが、示談を前提とした基準なので、訴訟の場合は若干そぐわない場合もあり、訴訟においては、弁護士が過去の事例を参考にして算出する弁護士基準が必要になります。各弁護士会が資料を作っているようで、代表的なものとしては交通事故相談センターが発行している弁護士基準と交通事故相談センターの支部が発行している弁護士基準があります

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故の相談関連

メニュー

TOP 交通事故弁護士 交通事故の慰謝料 交通事故相談

ページトップへ戻る