交通事故に強い弁護士~悩みの多い慰謝料相談~

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

慰謝料問題や交通事故トラブルは頼れる弁護士に相談しよう。

交通事故の相談について

慰謝料、賠償金など交通事故相談

交通事故弁護士について

交通事故の示談金アップを目指し弁護士に相談

偶然にも自分が交通事故に遭ってしまい、示談となった場合、相手が提示してくる示談金をすんなり受け入れる事ができればいいですが、時には受け入れがたい金額である事もあるかと思います。その際は、ためらう事なく弁護士に相談して、交通事故の示談金アップを目指したいですね。

実際に弁護士事務所に相談する事で、最初に提示されていた示談金が2倍以上にアップしたという人もいる様です。

期待はできませんが、交通事故で被害に遭い耐えられないほど辛い思いをしているという人は、交通事故の示談金交渉に慣れている交通事故弁護士に相談する事をまず検討したいですね。
そして、少しでも早く辛い思いから解放されたいですね。

交通事故相談を弁護士に行う最大のメリット

交通事故慰謝料の請求と聞くと、車などの損害や示談金をすべて含めた総合の金額を想像するかと思いますが、本来賠償金の一部です。賠償金額には、治療費交通費も含まれます。相場基準と呼ばれるものには、自賠責と任意保険、弁護士裁判基準の3種類となっております。

相場の金額は自賠責基準で請求できる額と弁護士基準とでは、2倍もしくはそれ以上の差がでる事もあります。過去事例として、むちうち交通事故の案件では、治療期間2か月の自賠責で約17万円、弁護士裁判基準は、36万から52万くらいが相場になっています。慰謝料を納得できる金額にするには、しっかりと交通事故弁護士などに交通事故相談を行うことです。

交通事故相談を交通事故弁護士に行う重要性

交通事故での慰謝料請求をする時は、交通事故弁護士にしっかり交通事故相談を行い、弁護士基準での請求をしてもらうのが良いです。請求可能な賠償金は、ケガの治療費や交通費諸々を含めた金額になります。

請求する際の基準に、自賠責基準と、任意保険、弁護士裁判基準の3つあります。請求できる金額は、求める基準により異なり、自賠責基準と弁護士基準の2つを比べると、2倍か2倍以上もの差額が生じる例もあります。過去に存在する事例に、むちうちを負ってしまった交通事故で、ケガの治療に2か月を要した件においては、自賠責基準で約17万、弁護士裁判基準では、36万から52万位でした。

活用するべき交通事故弁護士

交通事故に遭遇したら、通院や治療を行いますが後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級の申請を行います。また慰謝料や休業損害などの交渉も同時に行う必要があります。

交通事故によって、心身共に疲労困憊の状態で、このような交渉を数多くこなすのはとても大変です。このような時に活用したいのが、交通事故弁護士で、交通事故に関する交渉事を全て代理で行ってくれます。本人は、治療に専念することが出来ますので、とても便利です。交通事故弁護士をフル活用するためには、事故に遭遇したらすぐに弁護士に交通事故相談を行うようにしてください。

交通事故相談のプロ、交通事故弁護士

交通事故に遭った場合、保険会社や相手方とのやり取りの前に交通事故相談しておくべきなのが交通事故弁護士です。交通事故を起こした場合、多額の慰謝料を請求される事例というのは少なくありません。

また、被害者の場合、保険会社が提示する金額というのも、保険会社は多くを支払ってしまうと儲けにならないため、十分でないことが多いです。交通事故弁護士は、依頼者の話をよく聞き、保険会社と金額のやり取りをしてくれたり、解決するまで交渉してくれたりします。万が一後遺症が残る怪我を負った場合にも、必要な手続きを教えてくれるなど、頼もしい存在です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故の相談関連

メニュー

TOP 交通事故弁護士 交通事故の慰謝料 交通事故相談

ページトップへ戻る